【ほんの紹介】 小説『トリツカレ男』いしいしんじ

ほんとおんがく

絵本を見ているような、音楽が鳴っているような心地よさ。

自分の姿を顧みることなく健気で一途な人が、切なくもあり、僕は大好きなようです。プレゼントととして誰かに本を選ぶならこれ。

『トリツカレ男』 
著:いしいしんじ
新潮文庫

タイトルとURLをコピーしました