【妄想レビュー】 PRODUCTS IoT味噌汁吸引機『シースルーズル』

妄想レビュー

以前紹介した、食べ物を口まで運んでくれるお箸『パシリー』、お茶碗の中のご飯をすくって口まで運んでくれる『チャーリン1』に続く三つ目のIoT製品を紹介する。

製品の名は『シースルーズル』と言う。味噌汁を手を使わず飲むことができる製品である。

画像1

まず、炊飯器のような箱の中にできたてのお味噌汁を入れ蓋をする。

スイッチを入れると、味噌汁が吸い上げられ、平たい円柱の容器に入ったあと、ヘルメットの上を通って、顔の前にぶら下がったストローへ到達する。

そして手を使わずに味噌汁を飲むことができる。

複雑で壮大な技術である。

画像2

「特に苦労したのは、温度調整です。熱すぎると飲めない方もいますから」

開発者割手(わりて)氏の赤く、ただれたクチビルが開発の凄まじさを物語っている。

温度調整は平たい円柱の容器の中で行われているそうだが、中の機構は企業秘密のことだった(作動時の音からすると、扇風機のようなものだろう)。

ストローの手前で、ズルズルっと音が出る機構が組み込まれているのも心憎い。

人工知能が使われていないようだが、そのことを問うと、割手氏は「わ、忘れてました!すぐ足します」と、隠し味の調味料を入れ忘れたシェフのような表情を見せた。

市販化まではもうしばらくかかりそうである。


 

※妄想レビュー: この世に存在しない様々なコンテンツを完全な妄想でレビューしています。

タイトルとURLをコピーしました