【超不安性の僕が見る夢】ノートパソコンになった自分は視線に耐えられなかった

心配性プランニング

みなさんはを見ますか?

将来の夢とかではなく、毎日寝てるときに見る夢です。


私は夢をよく見るのですが、夢って意味がわからないものがありませんか?

状況だったり、ストーリーだったり、出てくる人だったり。
なぜそうなる?みたいなものも多い気がします(私は多いです)。

そんな夢の中でも、特に意味がわからないものは『自分が人間じゃなくなっている』っていうやつ。

かなり前に見た夢なのですが、強烈に覚えているものを一つ紹介します。

 

夢の中の僕は、なんとノートパソコン

場所は、デパートの中に入っている電気屋さんのパソコンコーナー。
このデパートは高層ビルの中に入っています。
しかも隣のビルとつながっている。

私の地元名古屋でいうと、名古屋駅のツインタワーがそうですね。
高島屋と私がよく行くゲートタワーモールが空中でつながっている。
そんな感じの建物です。

ちなみに夢の中のデパートの隣のビルはどこかの会社の研修施設でした。
場所的には、郊外で、外に出ると、開けた土地で、山がすぐ近くに見えました。

さて、話を戻して、デパートの電気屋さんのパソコンが並ぶところ。
その並んでいるパソコンの中の一台が私です。

ノートパソコンなんです、私。

周囲には様々なタイプのノートパソコンが並んでいます。

そしてある瞬間、自分だけ足が生えてきて、歩けるようになります。

載っていた台から降りて、そのまま売り場を歩き去ろうとしてます、私。
店員さんに見つからないように、お客さんの一人だという雰囲気を醸し出しながら。

でも、はたと気づきます。

周囲からの視線に。

それは、私の周りにいた仲間、つまり他のノートパソコンからの視線。

羨ましそうな、寂しそうな、みんなの視線。

そんな売り場に残された他のノートパソコンたちの羨ましそうな視線に、ものすごく不安になり、そして申し訳なくなったのでした。

みんなごめんね。。。

 

そこからコンテンツが色々できました

とにかく売り場の中を歩いている間、ずっと不安でした。

本来なら、うれしい出来事のはずですが、みんなに申し訳ない気持ちの方が大きかったです。

そんなおかしな夢ではありましたが、その強烈な夢をもとに、
・小説を書いた:ノートパソコンが人間になろうと努力する話
・映像も作った:小説を映像化しました。
ので、結果としてとても良い夢だったってことですね。

映像もいつか公開しようかな。

 

おかしな夢はよく見ますが、自分がノートパソコンになってしまうとは。

タイトルとURLをコピーしました