【超心配性の僕が見る夢】セッティングが終わらない夢で自分を知る

心配性プランニング

よく見るがあります。

それは自分がバンドをやっているときの夢。

私は高校生のときにバンドを始めて(当時はボーカル、ギターでした)、その後大学生のときからドラムを始めました。
今は、年に1回イベントでやる程度ですが、楽しんでます。

バンドは本当にいいですよ。


で、夢の話ですが、よく見るのが、ライブを始める前の場面。

場所は色々で、お祭りの会場だったり、ロックフェスの大きな会場だったり。

よく見る夢なのですが、問題は、毎回演奏することはないまま目が覚めてしまうところ。

毎回、セッティングが終わらないんです。

なんとなく分かると思いますが、ドラムはパーツがすごく多いんですね。
太鼓の数も多いし、それを止める金具も多い。

シンバルという「バシャーン」って音の出る金属製のお皿みたいなものも、ひとつづつ固定するスタンドがあります。
あとはマイクも。

それらひとつひとつの高さや角度を調整して、決めていきます。


夢の中では、そのセッティング作業がいつまでたっても終わらない。

もうお客さんも集まっていたりして、他のメンバーもセッティングが終わっていたりして。

でも、自分だけはまったく進んでいない。

あるときの夢では、一番大きなバスドラムという太鼓以外がステージになくて、
えーここからセッティングやるの?って感じのまま、太鼓をひとつずつ取りにいったりして、まったく作業が進まないまま目が覚めてしまいました。

そういう夢をよく見るんですね。

夢って、見ている間は超リアルですから、こういう夢を見て起きたときには、ぐったり。


思うに、自分の心配性のせいでしょう。

すごい心配性なんです。

超心配性。


例えば、予定があるときは、念入りに場所をしらべて、交通手段をしらべて、
確証がないときは1時間くらい前に着けるように調整する。

イベントの準備の時は、前日までに使うものを用意して、
当日もはじまるずっと前に準備が終わるようにする。

まあ、結果として、遅刻しなかったり、スムーズにイベントが始められたり、
良いことなんですが。

自分としては、あまりに心配で、何度もあたまの中でシミュレーションしたり、
寝る前に急に不安になって、調べ物したり、メールを自分宛に書いたり、
とにかく疲れてします。


あんまりそんな感じは周囲の人に伝わってないかもしれません。


夢も現実ももう少し不安のない状態がいいんですけどねえ。

タイトルとURLをコピーしました