【フリーペーパー設置店】七五書店

『ユメツナ』について

私のフリーペーパー『yumetuna(ユメツナ)』を設置いただいているところを紹介。
今回は新瑞橋にある、七五書店をご紹介します。

町の本屋さんです

新瑞橋の駅から、バスで1駅東へ行ったところ(歩くと5〜7分くらいでしょうか)にある本屋さんです。
いわゆる町の小さな本屋さん。自家焙煎のコーヒーショップ「まほろば珈琲館」が併設されています。

店長さんは圧がまったくなくて安心

店長の熊谷さんは非常に物腰がやわらかで、落ち着いた感じで圧がないので、ありがたいです(圧のある人が苦手なもので)。

本屋さんって、特に小さい店だと、店員の視線が気になりますよね。七五書店は、まったく感じないので、安心して本が見て回れます。

しかし、熊谷店長は只者ではないことは、並んでいる本から分かります。

知人がバイトしていたのが設置のきっかけ

私の知人(現在、私のフリーペーパーの広報担当)が、七五書店でアルバイトしていた時期があり、その頃にフリーペーパーを置いてもらったのが、最初。

その知人がアルバイトをやめてからも、定期購読の雑誌をお願いしたり、仕事帰りにプラリと寄ったり、フリーペーパーができると持っていったりしていました。

私が今年実家に引っ越したため、現在はクルマで行っています。最近は弟の通院で新瑞橋の近くに行っているので、そのときに寄ってます。

話はそれますが、私も学生時代、バンドをやりながら本屋さんでアルバイトをしていました。

アルバイで好きだったのは、並んでいる本を整頓する作業。

漫画や文庫は、シリーズ本がきれいに棚にはまるようにパズルのように並べ替えしたり、雑誌は見やすさと並んでいる美しさを考えて並べ替えしたり。自分に向いていたなあと思います(もちろん本が好きですし)。

おすすめポイントは、選書の妙!

一見、町の小さな本屋さんという雰囲気に騙されてはいけません。

本好きの方であれば、一度入って棚をじっくり見てもらうとわかると思いますが、
話題になっている本だけでなく、読みたくなる本がどんどん見つかります。

時事にからんだテーマで集められた本も、その品揃えにすごいと感じます。

入ってすぐのところだけでなく、奥のコーナーにもテーマで集められた本があるので、ぜひ見てください。

もちろん町の本屋さんですから、雑誌や漫画、小説などの新刊も揃っています。

取り置きしてもらっている雑誌

ツイッター(@75bs)では、入荷した本を紹介されていますので、見ていただくと、その選書の妙のいったんがわかると思います。

大きな書店も良いですが、こういう本屋さんに行って、じっくり見るのも楽しいですね。
わざわざ行く価値のあるお店です(なかなかたくさん購入できなくてすいません)。

私のフリーペーパーは、入り口を入って右手のレジ手前の棚にあります。

ぜひ七五書店に行ってみてください。

店情報
七五書店
名古屋市瑞穂区弥富通2-4-2/地下鉄新瑞橋駅東へ約700m
営業時間:平日10-21時・土日祝10-20時、第2・第4日曜定休
https://twitter.com/75bs

タイトルとURLをコピーしました