スズキコージさんの絵本『ヤッホー・ホイホー』の感想です

大人におすすめナンセンス絵本

大きな絵を分割して絵本にしていることが、後から分かり、ちょっとがっかりしました。
ポスターとして販売してほしかったなあと思います。


スズキコージさんの『ヤッホー・ホイホー』のストーリー

どこもかしこも雪が降る森の中で、「ヤッホー・ホイホー」という歌声が聞こえてきます。そして、森の動物や、人や妖精たちが集まってきます。
「ヤッホー・ホイホー」は、エゾウサギがギターを弾きながら歌う、ロックンロールです。集まってきた生き物は、みんな生き生きとしています。


聴こえてくる音楽に包まれて歌を歌う

エゾウサギとその後ろにいるウサギが可愛いです。

あと、途中で登場する森の神様も、とぼけた表情で可愛いです。

その他にも森のあちこちに謎な生き物がいますので、それを見つけて楽しめます。

どのページにも音楽が流れているように感じます。これは、スズキコージさんの絵本の特徴ですね。

この絵本は、エゾウサギがロックンロールを歌っていますので、特にそう感じるのかもしれません。

エゾウサギが持っているギター(イメージです)


また、絵本の中には、スズキコージさんの絵本によくある、謎な言葉がたくさん出て来ます。またスズキコージさん、言葉遊びしてるなあ。そう思って、巻末の説明を読んだら、違っていました。

謎の言葉は、アイヌ語で、意味がある言葉だったのです。

例えば
・ラポラポラ→羽ばたく
・ミナミナ→ニコニコ笑う
・ピト→神、人
・モイモイケ→動く
・ルイルイパ→なでる


こんな感じ。

アイヌの言葉を期せずして学べてしまいました。なんか嬉しい。

 

目の粗さから分かった残念ポイント

この絵本、初めてページをめくった瞬間に、ちょっと違和感を感じました。

それは、絵を描いているキャンバス地の目が荒いこと。

つまり、絵をかなり拡大しているようなのです。

これは最後にその理由がわかります。

最後に、4つ折りしたポスターがついているのですが、その絵のあちこちを拡大して、それをページに分けて、言葉を載せていたのです。

私は、これを知ってちょっと残念に思いました

原画のサイズは分かりませんが、キャンバス地の目の大きさから考えると、そんなに大きくないのかもしれません。

スズキコージさんは、巨大な布に絵を描くことも多いので、もしかしらた大きいかもしれませんが。

この本は、Amazonとかでは著者欄に名前があるのですが、本の奥付けだと、(著者)ではなく(企画)として名前が入っていました。

推測するに、絵が先にあって、そこから絵本にする企画ができたのではないかと。

実際は分かりませんが、そのあたりが、私が残念に思った理由のような気がします。

正直私は、ポスターを(できれば折り目のない)手に入れていた方が嬉しかった気がしました。


ヤッホー・ホイホー
スズキ コージ (絵), 松本 猛 (作)
出版社:講談社
発売日: 2013/10/31
本のサイズ:26 x 21.2  cm
ページ数:44ページ
価格:1,400円+税(購入時の価格です)
主人公:エゾウサギ
登場人物:森の人、小人、妖精
登場動物:クマ、エゾシカ、オオカミ、ウサギ、ウマ
タイトルとURLをコピーしました