スズキコージさんの絵本『?あつさのせい?』の感想です

大人におすすめナンセンス絵本

暑さのせいなのか、登場人物の道徳心を揺さぶってくる行動に、ツッコミを入れまくりたくなります。裏表紙のナゾに答えを見つけてくれる方が現れてほしい。


スズキコージさんの『?あつさのせい?』のストーリー


ウマのはいどうさんが、駅のベンチに帽子を忘れたことから物語が始まります。その帽子をみつけた、キツネのとりうちくんは、その帽子を自分のものにします。トイレで帽子をかぶった自分の姿に、うっとりしたとりうちくんは、バッグを忘れてしまいます。今度は、ブタの三吉が、そのバッグを自分のものにして・・・。次々と人(動物)の落し物を自分のものにしていく動物たち。タイトルのごとく「あつさのせい」なのでしょうか?


道徳心を揺さぶられる行動

面白ポイントは、登場動物全員が、人(動物)の持ち物を平気で自分のものにしちゃうところ。

ああ、いいものがある!、自分に似合う!ってそのまま持って行ってしまいます。

いいのかお前たち!っと自分の道徳心が彼らにツッコミを入れたくなりますが、あつさのせい?っていうタイトルを先に知っているためか、あ〜また自分のものにしちゃったよーって、諦めながら楽しんじゃいます。

子供にはよくない影響があるかもしれませんので要注意。

置き忘れられるシャンプーの瓶やキャラメル

ふと思ったのですが、わらしべ長者と同じ構造ですね。

でも、この絵本では、何かを拾っても、かならず何かを落としてしまうので、いつまでたっても長者にはなりません。

残念ですが、これもあつさのせいですから、仕方がないですね。

 

見るたびとても気になる裏表紙


裏表紙には、銭湯から出てきた牛の山口さんがいるのですが、その前方に、大きなクレーンで映画の撮影をしている人がいるのです。

うしろには巨大なレフ板(光を反射させて影をなくす道具)を持っているスタッフもいます。

これがよくわからない。

たまたま撮影しているようには見えない。

クレーンの上に乗っている映画監督っぽい人が指を立てて、もう一度と言っているようにも見えます。

これは自分には、演技指導しているように見えるのです。

もし、そうだとすると、ううーん、絵本の中のお話全部が映画ってこと?といやあ、わからない。

ぜひみなさん絵本を見たら、どう感じるか教えてほしいです!

ここまで書いて、もう一度絵本を開いたら、どのページの絵も、白いフレームの中に描かれています。

これってもしかしたら映画のフレーム(枠)なのではないか?

いやあ、どうなんでしょう?

よく分からないのもあつさのせいでしょうか?

?あつさのせい?
スズキコージ作
出版社:福音館書店
発売日: 1994/9/15
本のサイズ:18.2 x 29.7cm (タテ x ヨコ)
ページ数:32ページ
価格:1,200円+税
主人公:はいどうさん(ウマ)
登場人物:紳士(後ろ姿)
登場動物:とりうちくん(キツネ)、三吉(ブタ)、山口さん(ウシ)、よしこさん(ヒツジ)、ぶこさん(クマ)、ネコ
タイトルとURLをコピーしました