スズキコージさんの絵本『ガブリシ』の感想です

大人におすすめナンセンス絵本

とにかく絵が美しくて最高です。シャガールみたいな幻想感もあります。主人公の行動はめちゃめちゃで、そこも楽しめるポイントですね。


スズキコージさんの『ガブリシ』のストーリー

ガブリシはいつも行動がおかしい。例えば、紙に描いたニンジンを馬にあげたり、鳥に飛び方を教えたり、動物園のゴリラの檻の中に入っていたり。そんなおかしな行動が次から次へと紹介されていきます。


僕にはシャガールに見えます

ストーリーに深みはありませんが、この本のすばらしところは、ずばり絵です。

スズキコージさんの絵が本当に良いんです。

この絵本では、ロシア語の載った紙が切り絵のように貼られていて、その上から絵の具が塗られています。

ロシア語の紙は雑誌かなあと思います。

この切り絵のパキッとした感じと、複雑に塗り分けられた背景と、キャラクターのビヨビヨ、グリグリの線が相まって素敵なんです。

繊細さも感じつつ、スズキコージさんらしい大胆さも混ざっていて、調和を感じます。

シャガールみたいな

絵本の絵としてではなくアートとして見ています。
ずっと見てられます。

この貼り紙を使ったスタイルの絵は、けっこうあるのですが、このガブリシは、このスタイルの代表かもしれません。

内容は、シュールでナンセンスですが、絵はどのページも美しいんです。

レイアウトも秀逸。

 

最後のセリフはスズキコージ さんオリジナル?


この絵本は、ユリアン・トゥーヴィムさんの「ガブリシ」のという詩をベースに、お話としてスズキコージさんがふくらまして絵本にしたとのこと。

ガブリシの行動ははちゃめちゃで、ページをめくるたびにとても楽しいです。

逆立ちしているガブリシ(イメージです)



で、気になるのが最後のページ。

大きくカタカナで「バカ」って文字が書かれているのですが、これが元の詩にあるのか、それともスズキコージさんのアレンジなのか、そこがとても気になります。

どうなんだろう?

 

データ:
ガブリシ
スズキコージ 作
出版社:ブッキング
発売日: 2008年7月20日
本のサイズ:29.5 x 22 cm(タテxヨコ)
ページ数:32ページ
価格:1,600円+税(購入時の価格です)
主人公:ガブリシ
登場人物:街の人、動物園のお客さん、コーヒーを飲む女性、バスの乗客、噴水に集まる人、海辺の人登場動物:イヌ、ウマ、ウシ、トリ、ウサギ、ゴリラ

ガブリシ
スズキコージ 作
出版社:ブッキング
発売日: 2008年7月20日
本のサイズ:29.5 x 22 cm(タテxヨコ)
ページ数:32ページ
価格:1,600円+税(購入時の価格です)
主人公:ガブリシ
登場人物:街の人、動物園のお客さん、コーヒーを飲む女性、バスの乗客、噴水に集まる人、海辺の人登場動物:イヌ、ウマ、ウシ、トリ、ウサギ、ゴリラ
タイトルとURLをコピーしました