スズキコージさんの絵本『ねこのどどいつあいうえお』の感想です

大人におすすめナンセンス絵本

リズミカルな言葉のリズムにのって、さまざまな猫の絵が楽しめます。ネコ好きの方にはもちろんオススメです。ストーリーは無いので、画集的かもしれません。本のサイズ小さめです。


どどいつの歌に合わせて色々な猫が楽しめます

「あいうえお」と五十音順に作られた歌(どどいつ)に合わせて、スズキコージ さんがさまざまな猫を描いていいます。どどいつのリズム(七・七・七・五)も心地よく、絵を堪能できます。


猫をテーマにしたスズキコージさんのアート画集です。ストーリーはありません

「あ」から始まり、五十音順に作られたどどいつの歌に合わせて、スズキコージ さんの描いたさまざまな猫を堪能できます

あれ、どうでもいいですが、「描」と「猫」って字が似てますね。

ちなみにこの本はサイズが小さいです。文庫本と同じサイズです。

それで1,300円なので、買うときにちょっと、うっとなりました。

文庫本と比べてはいけない気もしますが、この本は絵本というよりも、画集としての価値が高い気がしています。

とにかくスズキコージさんの絵が素敵なのです。
絵の描き方も色いろあって楽しめます。

塀から落ちていく猫(イメージです)



外国の雑誌や切手を切り貼りしてそこに絵を描いているものとか、とくに好きです。

美しく、そしてスズキコージさんらしい躍動感や、なんじゃこれ感もある。どのページの絵も本当に素敵


どどいつってあんまりメジャーではない気がします

俳句とか川柳よりは明らかに知られていません。若い人はまったく聞いたことがないかもしれませんね。

調べたところ、どどいつとは、江戸時代の末期に流行した流行歌で、七・七・七・五調で唄うもののことを言い、漢字だと「都々逸」と書くそうです。

「ど、ど、ど、どいつ」と口がすべってしまいそうです(だからどうした)。

作者の織田道代さんは詩を書かれている方のようですが、どどいつとの関係性はわかりませんでした。

趣味で「どどいつ」やってます、とか、学生時代「どどいつ大会」で県2位まで行きましたとか、何かあるのかもしれません。


ねこのどどいつあいうえお
織田道代 作 スズキコージ 絵
出版社:のら書店
発売日: 2005/2/1
本のサイズ:16 x 11.5 cm(タテxヨコ)
ページ数:95ページ
価格:1,300円+税(購入時の価格です)
主人公:猫
登場人物:人々
登場動物:猫
タイトルとURLをコピーしました