スズキコージさんの絵本『おばけドライブ』の感想です

大人におすすめナンセンス絵本

ストーリー展開が突然で、何何何?と理解が追いついていかなくなります。キャラクターも強烈でとにかく驚きの連続です。宝くじで当たったスポーツカーがかっこいいですよ。


スズキコージさんの『おばけドライブ』のストーリー

ヘイザくん(男の子)は、ある日、だんご坂下のタバコ屋で、おばけ宝くじを一枚買います。すると、一等賞のスポーツカーが当たります。
すぐにガールフレンドのカアコさんとドライブに出かけます。
途中ヒッチハイクをしていた、おおぜいの小学生を乗せるのですが、実はその小学生はおばけだったのです。その後、鬼が出たりカッパが出たり、大変なドライブになってしまいます。


いきなりおばけの世界へ飛び込みます

最初に主人公のヘイザくんが、目を覚ましてからすぐ宝くじを買うというところから、意味がわかりません。

なぜ、起きてすぐ? なぜおばけ宝くじ? なぜ一枚?

ツッコミどころが満載です。

そして、すぐスポーツカーが当たります。

すごいんですが、このスポーツカーはとても変な形。座席のところは瓦屋根になっていて、お城でいうしゃちほこがつく部分に骸骨がついています。

スポーツカーというより霊柩車です。

(前から見たスポーツカー。私が描いたイメージです)


そこから、ガールフレンドとドライブに行くのですが、あれ子供じゃなかったの?と運転する姿を見て考えてしまいます。

でも、見た目は子供なので、子供が運転できる世界なのかもしれません。

その後ヒッチハイクしている小学生を乗せます(小学生はかわいいです)
ここからがこの絵本のとんでもないところです。

乗せた小学生たちは実はおばけだったり、途中で立ち寄るお茶屋さんには、鬼がバスツアーで乗り付けたり、カッパが出てきたり。

もうツッコむどころではなく、口が開いたまま閉じない感じになります。

スズキコージさんの絵もぶっ飛んでいます。なんせ出てくるのが、この世の生き物とかじゃなないですから。

そもそもスズキコージ さんの描く生き物は、爆裂気味ですが、この絵本に出て切るおばけや鬼やカッパは強烈です。

カッパ(イメージです)


これはもう、浴びるようにこの絵本を体感してほしいです。


ヘイザくんは年齢不詳

やっぱり気になっているのは、主人公のヘイザくん。

子供だと思うのですが、ガールフレンドがいたり、車を運転したり、もしかして大人なのかも?と悩みます。

まあ、この絵本の世界で、そこを悩むのも変な気はしますね。

まあ、ほっておきましょう。

車の運転で思い出したのですが、免許を取って最初に乗ったのは、おやじからお下がりでもらった、トヨタのマークⅡという車です。

親父はタクシーの運転手だったので、お下がりのマークⅡもタクシー仕様でした。

何が違うかというと、燃料がガソリンではなく、LPガスだったこと。普通のガソリンスタンドでは、LPガスは扱っていなくて、タクシーの人が行く、LPガスを扱っているところへ給油に行ってました。

ただ遠くに旅行に行くときは困りましたね。今のようにスマホで検索とかできない時代でしたので、地元のタクシー運転手の方に聞いて、給油してました。

あと、お下がりマークⅡは、後席ドアに自動ドアがついてました。学生時代の仲間を乗せるときに、驚かせてましたが、実際は、ちょっと恥ずかしかったですね。

ワイパーが窓枠の範囲を超えて(枠からロビ出して)しまった事件も思い出しました。(バンドの仲間を乗せていて大騒ぎになったなあ)

すいません、脱線してしまいましたね。

そう、この絵本、最後のページに謎が仕掛けられています。見た方がいたら、どう解釈するのか、ご意見をいただきたいです。


おばけドライブ
スズキコージ 作
出版社:ビリケン出版
発売日: 2003/8/1
本のサイズ:25.5×21.8(たて×よこ)
ページ数:32ページ
価格:1,600円(購入時の価格です)
主人公:ヘイザくん(男の子)
登場人物:ヘイザくんの彼女、タバコ屋の人、街の人、子供たち(おばけ含む)
登場動物:ネコ、トリ、ウシ、ヒツジ、カエル、魚登場生き物?:おばけ、鬼、カッパ
タイトルとURLをコピーしました