スズキコージさんの絵本『サルビルサ』の感想です

大人におすすめナンセンス絵本

とにかく絵のインパクト、圧がすごいです。
戦争の虚しさを描いている気がしますが、とにかく圧がすごいです。


スズキコージさんの絵本『サルビルサ』のストーリー

馬に乗り、槍を持って、獲物(何の動物か不明)を追う、四角い顔の兵士。「モジモジモジ」と声を出して、追いかけている。反対側から別の国の兵士が、「ジモジモジモ」と声を出して、おなじ獲物の前へ現れる。同時に獲物に槍を刺し、「サルビ」「ビルサ」と声をかける。その出来事が元で、二つの国は戦争になるのだが、最後に残るのは。

逆さ言葉がクセになり、つい口ずさむ

左から来る兵士と、右から来る別の国の兵士。口に出す言葉が逆になっています。


「モジモジモジ」「ジモジモジモ」
「サルビ」「ビルサ」
「ズナカズナカ」「カナズカナズ」
のように。


なぜかは分かりません。


ただこれが、インパクトのある絵と相まって、どんどんくせになっていきます。
調子に乗って、自分オリジナルの言葉も口から出てきます。

「ドモドモ」「モドモド」
「コデララウビ」「ビウララデコ」
「ソウジャナイヨ」「コウデモナイヨ」→逆になっていないダメ
「イムサラスウ」「ウスラサムイ」
「ココデタナ」「ナタデココ」

こんな感じで(笑)。

スズキコージ さんの絵は、どの絵本でもインパクトがあるのですが、特にこの「サルビルサ」はすごいです。


ページをめくるたび、絵に飲み込まれます。


ドキドキします。
とにかく圧倒されます。


絵が強烈なので、好みは分かれるかもしれませんが(まあスズキコージ さんの絵はぜんぶそうなのですが)、この絵本はお子さんも楽しめるような気がします。(戦争の話なので、難しいかな)


あと、面白いというか、可愛いのが、戦争が終わったところで、倒れている人たち。目がバッテン印になっていて可愛い。


笑っちゃいけないシーンなのですが、でも可愛くて、ムフフフとなってしまいます。ぜひ見てほしいです。

四角い人は人間なのでしょうか

気になるのは、最初に登場する四角い顔の人。正確には顔がしかくいわけではなく、印象として四角いのです。


この人たち、みんなお城が人間になったような感じなのです。


髪型とかは、お城の塀のようですし。これは髪じゃなくて帽子か冠のようなものかもしれません。

四角い人(イメージ)


もしかしたら人間じゃないのかもと思いますが、どうでしょうか?
とくに王様は、体もでかくて、人間を超えてしまってますね。

あと気になるのは、裏表紙。


槍がはまっているのは、絵を描くときに絵の具を置くパレットだと思います。


よく見ると、スズキコージ さんのサインも入っています。


戦争なんかやめて、絵を描こうというメッセージですよね、たぶん。

サルビルサ 
スズキコージ 
出版社: 架空社
発売日: 1996/9/1
本のサイズ:29.6 x 22.6 x 1 cm
ページ数:32ページ
価格:1500円+税(購入時の価格です)
主人公:兵士
登場人物:兵士
登場動物:ウマ、ラクダ、犬、小動物(獲物)、カラス

タイトルとURLをコピーしました