スズキコージさんの絵本『トラベッド』の感想です

大人におすすめナンセンス絵本

「魔女の宅急便」を書いた作家の角野栄子さんのお話に、スズキコージ さんが絵を描いたもの。けっこう絵がどぎついので、僕はちょっと苦手です。


スズキコージさんの『トラベッド』のストーリー

女の子のヒロちゃんは、アイちゃんという妹ができてから、お父さん、お母さんがあまりかまってくれないことに不満がつのっています。
ある日、妹のアイちゃんのベッドに、いじわるでトラの顔を描きます。
「こわいトラだぞ、たべられちゃえ」って言いながら、お母さんの元へ戻ります。しばらくすると、ウォーッと大きな声が聞こえてきます。
なんと、トラの顔を描いたベッドが、本物のトラになっていたのです。このままだと妹のアイちゃんが食べられちゃうと、ヒロちゃんはトラに向けて、もっと美味しいものがあるよ、と色々な提案をしていきます。


魔女の宅急便の作者がお話を書いてます

この絵本は、作家の角野栄子さんのお話に、スズキコージ さんが絵をつけたものです。

なので、お話が中心。お話を読んでから、絵でイメージを膨らます感じです。

角野栄子さんは、「魔女の宅急便」(小説)の作者です

妹や弟ができて、自分があまりかまってもらえなくなる、っていうのはよく聞く話ですね。

主人公のヒロちゃんも、自分がかまってもらえないことから、いじわるで、トラの顔をベッドに描くのですが、そのベッドが本物のトラになって、大変なことになります。

トラベッド(イメージです)


スズキコージさんの絵は、ちょっと怖くて、ちょっと可愛い感じ。

主人公のアイちゃんやお母さんの絵のは、グレーの影とかも入っていて、ちょっと不気味に見えます。わざと描いたというより、描いたらそうなったのかなと感じます。

一方トラは、怖いはずなのに、なんか可愛いです。これも、描いたらそうなったのかもしれません。どのページのとらもなんだかかわいい。

スズキコージさんに聞いてみないと分かりませんが、私にはその対比が面白かったです。

ちなみに、奥付の次のページに描かれている、裏返っているトラがとても可愛いです。見逃さないように。

この絵本の絵は、たぶんサインペンで描かれています。しかも色数を絞っている感じです。

こういう描き方をしているスズキコージさんの作品は他にもあります。「ウシバス」とかもそうですね。

このタッチは、好みが分かれるかもしれません。
私はどちらかというともっと色が重なっているものが好きです。

 

なぜかエビフライ登場


妹のアイちゃんが、トラに食べられないように、アイちゃんは、もっと美味しいものがあるよ、と色々な食べ物を提案します。

ケーキとか、プリンとか。

でもトラは、アイちゃんの方がおいしそうと取り合ってくれません。

その中で、トラが立ち止まって考えちゃうものが、エビフライを乗せたケーキ

エビフライ?

なんで?となりますが、名古屋人の自分には、ちょっと響きつつなんとなく嬉しくなりました。

ケーキの上はイヤですけどね。

 

トラベッド
角野栄子作 スズキコージ 絵
出版社:福音館書店
発売日: 1994/6/30
本のサイズ:21.2 x 18.8 (タテxヨコ)
ページ数:68ページ
価格:1,100円+税(購入時の価格です)
主人公:ヒロちゃん
登場人物:アイちゃん、お母さん、お父さん
登場動物:トラ(ベッド)、イヌ
タイトルとURLをコピーしました