【妄想レビュー】  PRODUCTS 『スマートフォン エンチュー』

妄想レビュー

スマートフォンの進化もハード面では落ちついたのかもしれない。特にデザインは、大きな画面からくる印象からか、どの製品もそれほどの違いを感じられなくなってしまった。むしろ携帯電話の頃の方が、製品にバラエティがあったかもしれない。

 そんな中、このスマートフォン『エンチュー』は登場した。

 大きな特徴は、マイクの柄の部分を太くしたような、円柱形の本体だ。片手で握るには少し大きい感じもあるが、持ってみると表面のシボ加工も効いていて持ちやすい。

 若干体つきも円柱形をしている、開発責任者の名賀丸氏に聞いたところによれば「妻に恵方巻きを無理矢理食べさせられたときに思いついた」そうである。その後デザイナーと設計者との間を行き来する日々が続いたそうだ。アイデアを思いついてから、ここまでくるのに15年以上かかっている。

「最初はガラケーだったんです。開発に時間がかかって、途中でスマホに乗り換えて、ついに完成しました」名賀丸氏の声は明るい。

 付加機能として、保温効果のある水筒として、お茶を入れられるのが、このスマートフォンならではの機能だそうだ。

※妄想レビュー:この世に存在しない様々なコンテンツを 完全な妄想でレビューしています。

タイトルとURLをコピーしました