スズキコージさんの絵本『うみのカラオケ』の感想です

大人におすすめナンセンス絵本

浜辺でカラオケする鯛。その後もいろんな生き物がカラオケをするのですが、海に出てから
登場してくる海の生きものたちは可愛いです。


スズキコージさんの『うみのカラオケ』のストーリー

魚の鯛が海辺でカラオケを歌っています。ポータブルタイプのカラオケの機械を使って。その歌声に、犬のごろはちがやってきて、こんどはごろはちが歌を歌う(吠えるだけ)。ごろはちの飼い主のまてこさんが、マイクを取ろうとすると、こんどはタコのはったんが音頭を歌い出します。カラオケ大会と言っていいのかわかりませんが、みんな楽しそうです。


いきなり鯛がカラオケを始めます


ページをめくっていきなり、鯛が海辺でカラオケを歌っています。

びっくり。

何が始まるの???って感じ。

しかもこの鯛は、砂浜に立ち上がって、カラオケの機械をつかって、カラオケを始めるのです。

いきなりです。

カラオケマシーン(イメージです)


だれが、このカラオケの機械を用意したのか、謎です。

その後、人間も含め、カラオケを中心にワイワイ過ごすのが、なんだかよくわからない状況ですが、面白いです。

ストーリー的には、すごくびっくりするところはありませんが、スズキコージさんらしい、インパクトある力強い絵に引き込まれます。

 

よく考えると不条理な世界(深く考えすぎ?)


やはり冒頭の鯛がカラオケしてるところが気になります。

しかも歌っているのが「大漁節」。

大漁って自分、獲られる側じゃねえ? 

ちょっと心配になります。

また最後の方に船乗りの舟木さんが出てきて、みんな(鯛、犬、タコ、まてこさん)が船に乗るのですが、そこで、船の周囲にいる魚たちが、舟木さんが歌を歌うのを期待しているシーンがあります。

おい魚たちよ、自分ら、舟木さんに獲られる側じゃね? 

これまた心配になります。

まあ、この不条理さがスズキコージさんの良いところですね。

ツッコミがいがあります(笑)。

そうだ、裏表紙をぜひじっくりご覧ください。何かがいます。

注意:海の波にさらわれるシーンがあります。みんな無事ですが、気になる方は購入をお控えした方がいいかもです。


うみのカラオケ
スズキコージ 作
出版社:クレヨンハウス
発売日: 1996/6/1
本のサイズ:21.6 x 33.0 (タテ x ヨコ)
ページ数:24ページ
価格:1,165円+税(購入時の値段です)
主人公:鯛
登場人物:まてこさん、舟木さん
登場動物:鯛、ごろはち(犬)、はっつあん(タコ)、魚
タイトルとURLをコピーしました