スズキコージさんの絵本『ブレーメンのおんがくたい』の感想です

大人におすすめナンセンス絵本

ブレーメンの音楽隊については、子供の頃テレビで見た記憶はあって、なんとなくストーリーは知っていました。ただこの絵本で読むと、かなり『せつない』お話。
スズキコージさんの絵と相まって、泣けますよ。


スズキコージさんの『ブレーメンのおんがくたい』のストーリー

老いぼれて、家にいられなくなったロバは、同じように家にいられなくなった犬・猫・おんどりと旅に出ます。旅の途中で、泥棒が住む家を見つけます。美味しいご馳走を食べる泥棒たちを見て、4匹の動物は、あることを思いつき実行します。果たしてその結果は。

 

ブレーメンの音楽隊というお話ってご存知ですか?

私はストーリーの断片は記憶にあるのですが、お話を読んだり、絵本などを見た記憶がありません。

たぶん、テレビの番組(NHKかな)で昔やっていてそれで覚えているのではないかなと思います(自信はありません)。

というわけで、この絵本のストーリーが本家ブレーメンの音楽隊と同じかがわかりません。この絵本ではブレーメンへ行って音楽隊になることを目指す4匹の老いぼれた動物の、ブレーメンへ行く道中のお話です。

この絵本ですごく好きなページがあります。それはブレーメンへ向かう4匹の後ろ姿が描かれているページ

不安もありながらも、行くしかないという、弱った自分を鼓舞しているように私には見えます。強い決意とは言えない、でも踏みとどまることはできないから前に進む。そして横には仲間がいる。

ぐっときます。なんだか泣きそうになります。

最初に捨てられそうになったり、いじめたりしていた動物たちの、ほんとうにへばっているシーンを経ているからだと思います。

このページだけでも、ずっと見ていられますね。

うしろ姿がせつない(私が描いたイメージです)


あと、夜の場面が何度かあるのですが、このバックの色がめちゃめちゃ良いんです。ターコイズブルーを少し濃くしたような、凛とした静寂を感じる色。

スズキコージさんの絵の描き方でいうと、この絵本は色鉛筆とボールペンで描かれていて、バックだけ絵の具で塗っているのかなあと思います。

全体にトーンがきれいで、スズキコージさんの爆裂具合も控えめで、美しくて好きなタッチです

 

主人公の動物たちがみんな歳をとって、捨てられそうに


やっぱり歳をとって老いるのは、誰かの迷惑になるんですかね。

つい将来の自分に置き換えて考えてしまいます。

今の自分が老いたとき周囲にどう関わっているのかって、わからないじゃないですか。

もし自分が、誰にも何にも役に立たなくなったら、どうすればいいんだろう。きっと誰かに迷惑をかけてしまう。そのときどうすればいいんだろう。

彼らのように、街へ出て音楽団に入れてもらおう、なんていう道が自分にも見えるのだろうか。

同じような気持ちの仲間と出会い、新たな希望に共に歩いていけるだろうか。

そんな感じで、遠くの方(たぶん自分の将来)を見てぼーっとしてしまいました。

ブレーメンのおんがくたい
池田香代子作 スズキコージ絵
出版社:三起商行
発売日: 1987/11/1[ad]
本のサイズ:25.7×24cm(タテ×ヨコ)
ページ数:40ページ
価格:1,500円+税(購入時の価格です)
主人公:ロバ、犬、猫、おんどり
登場人物:どろぼう
登場動物:トリ、ハエ、チョウ

 

スズキコージさんの絵本は、廃版になっているものもあります。Amazonで高額になっているものもあるのでご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました