スズキコージさんの『きゅうりさんあぶないよ』読書感想

大人におすすめナンセンス絵本

みんながきゅうりさんのことを心配して、色々身につけてくれるその先の展開。とにかく最高です。スズキコージさんの絵本どれがいいか聞かれたら、まずこの一冊をオススメします。


『きゅうりさんあぶないよ』のストーリー

きゅうりさん(野菜のきゅうりです)はある日、街へ出かけようとします。
その途中途中で、知り合いの動物たり(クマや牛や犬やニワトリなど)から、そっちへいくとあぶないよって言葉をかけられます。
知り合いの動物たちは、声をかけるだけではなくて、自分の身につけているものを貸してくれます。それらを身につけ、もはや何者かわからなくなった、きゅうりさんは最後に街に着くと・・・。
ちなみにこの絵本、きゅうりさんだけ野菜で、あとは動物が登場人物です(登場人物ではなく、登場動物か)。


きゅうり無双化への道

このきゅうりさんあぶないよの面白さは、ページをめくるたびに、みんなから借りたものを身につけて、変化していくきゅうりさんの姿です。


ロールプレイングゲーム的に言えば、新たな武器・防具を身につけ、無双化していく感じ。


最後の方には、もはやきゅうりではなくなっています(何者?)。

こんな感じ(絵は雰囲気です)


ストーリーもとくにないのですが、同じ繰り返しが、エンディングの驚きに結びつきます。エンディングはここには書きませんが、そうなるの!?って感じです。


最後のページで物語は終わるのですが、実はさらに仕掛けが。


それは裏表紙。


ここで再び、えーーーーってなりますよ。


この絵本は今も普通に販売していますし、値段も手頃。とにかくオススメの一冊です。


きゅうりさんは私生活が謎

きゅうりさんは、なんとなく独身かなって思います。

年齢不詳ですが、みんなからの心配される感じは、若者なのかなって気がします。どうでしょうか。

肩から斜めにポシェット的なバッグをかけています。


きゅうりさんは街はずれ(ちょっと山の方にある感じです)の小さな家に住んでいます。家の中が気になります。食べ物が気になります。

色々気になりますね。


きゅうりは何を食べるのだろう。

街には動物ばかり。食べられちゃうんじゃねえの?と不安になります。


しかし、なぜ街にいるのはみんな動物なのに、きゅうりさんだけ野菜なのか?そういえば、最後には人間も出てきますね。これまた不思議。


このあたりはいくら考えても分かりません。


そういう世界もあるってことで納得して楽しんでいます。
もしスズキコージさんを初体験するなら、この絵本をおすすめします。

きゅうりさんあぶないよ
スズキ コージ (著)
出版社:福音館書店
発売日: 1998/11/10
本のサイズ:21.6 x 20.4 cm(タテxヨコ)
ページ数:24ページ
価格:743円+税(購入時の価格です)
主人公:きゅうり
登場動物:クマ、シカ、ハリネズミ、ネコ、ウシ、イヌ、ニワトリ、カラス、ブタ、ヤギ、ネズミ
登場人物:こども、おとな

タイトルとURLをコピーしました