スズキコージさんの絵本『エンソくんきしゃにのる』の感想です

大人におすすめナンセンス絵本

何回見ても新たな発見がある、魔法のような絵本です。
最初の駅の賑わいと、汽車で移動中の出来事と、次から次へとワクワクが止まりません。


『エンソくん きしゃにのる』のストーリー

「ほげたまち」に住む、「エンソくん」という男の子。ある日、田舎に住むおじいさんのところに一人で遊びに行きます。初めての一人旅。
駅から汽車に乗って、田舎に住むおじいちゃんのところまで行くまでのお話です。

 

駅の賑わいが、旅への期待感を醸成しています

ひとり旅のワクワク感、ドキドキ感が、ページを開いた瞬間から伝わってきます。

初めての旅に出る、エンソくんの表情。たまりません。

ほげたまちのほげた駅には、人や動物がいっぱいいます。この駅のシーンがほんとにすごい。

駅の前から、改札、そしてホーム。にぎやかなだけでなく、あちこちに物語があり、想像がふくらむ。

見るたびに新たな発見があります

もう何回見たか覚えていないくらい見ているのですが、それでも、あれ、ここにこんなものが!? あ、この動物さっきのページであそこにいた!とか楽しくて仕方ないです。


あと駅の形もへんてこです。途中で出てくる駅も変わっていて素敵。

しかし「ほげたまち」ってへんな名前。「ほげた」ってもしかして、どこかの方言でしょうか?(すいません、調べてません。)

ちなみに途中の駅は「ほんと駅」、目的地の駅は「ほいざ駅」です(どれも意味不明)。

高原の「ほんと駅」では、羊が乗り込んできて、エンソくんの乗っていた車両も羊だらけに。ここも楽しいです。

こんな羊で列車の中はいっぱいに(イメージです)

 

犬がくわえているヒモのなぞ

駅にいる犬がなにかひも状のものを加えているのですが、その犬、ページをめくるたびどこかにいるのです。

こんなヒモ(色は茶色です)


めちゃくちゃ気になります。

しかも、最初のうちはそのことに気づかなかったので、なおさら気づいたときにびっくりして感動して。

おーーっつとなりました。

ぜひ探してみてください(くわえているひも状のものは何かいまだにわかりません)。


あと、ほげたまちから汽車が出て行くところ。手前の細長いトラックに乗っている、細長い動物(でかいです)がいるのですが、何の動物か分かりません。(スズキコージさんの絵本には何かよくわからない動物がよく出てきます

あとは、えきべんですね。

美味しそうなのですが、周囲に本当の羊がいる中で、羊の形をしたコロッケが出て、ちょっとシュールな感じでした

エンソくん きしゃにのる
スズキ コージ (著)
出版社:福音館書店
発売日: 1990/9/15
本のサイズ: 19.5 x 27 x 0.7 cm
価格:800円+税(購入時の値段です)
ページ数: 32ページ
主人公:エンソくん(人間の男の子)
登場人物:街の人、駅員、乗客、エンソくんのおじいちゃん
登場動物:犬、羊、馬、牛、猫など
タイトルとURLをコピーしました